​​【真剣勝負】

 

 剣道で、面に小手、胴を着けて竹刀で試合をしている間は、いくら真剣にやっているようでも、まだまだ心にスキがある。打たれても死なないし、血も出ないからである。しかしこれが木刀で試合するとなれば、いささか緊張せざるを得ない。打たれれば気絶もするし、ケガもする。死ぬこともある。まして真剣勝負ともなれば、一閃が直ちに生命にかかわる。勝つこともあれば、また負けることもある等と呑気なことをいっていられない。勝つか負けるかどちらか一つ。負ければ生命がとぶ。真剣になるとはこんな姿を言うのである。

 人生は真剣勝負である。だからどんな小さなことにでも、生命をかけて真剣にやらなければならない。もちろん窮屈になる必要はすこしもない。しかし、長い人生ときには失敗することもある等と呑気にかまえていられない。これは失敗したときの慰めのことばで、はじめからこんな気がまえでいいわけがない。真剣になるかならないか、その度合いによってその人の人生はきまる。

 大切な一生である。尊い人生である。今からでも決しておそくはない。お互いに心を新たにして、真剣勝負のつもりで、日々にのぞみたいものである。

参考译文

【认真决胜负】(原意“用真剑比赛”)

 

 剑道是穿着面罩、护臂、护胸以竹刀进行比赛的。无论看起来多么认真的打击,在内心还是存在很多空隙。这是因为,就算被击中既不会死,也不会流血。但是如果以木刀进行比赛,就不得不紧张起来。毕竟被击中的话,既会晕厥过去也会受伤。有时也会死人。更不用说如果认真比赛的话,一瞬都攸关生死。绝不可漫不经心地认为有胜就有负而无所谓。输掉的话就没命了。认真决胜负讲的就是这种态度。

 人生每一步都要认真决胜负。所以,无论多小的事情都要拼了命认真去做。当然也完全没有必要束手束脚。但是,绝不能觉得漫漫人生路有时失败也是很正常的想法。这是失败时安慰人的话,可不能在一开始就做这样的心理建设。一个人的人生过得怎样,最终可是以认真或不认真的程度来决定的。

  这可是每个人重要的一生,宝贵的人生。即使是现在才下决心也不会晚。就让我们整理好心情,以认真决胜负的打算,直面每一天吧。​​​​